ブログ

平成30年度予算特別委員会が閉会

予算特別委員会最終日。本日は、補充質疑が行われました。
公明党からは、岡本委員、板井委員、佐藤委員が登壇しました。
 
その後、3月15日に我が会派と自民党合同で提案した「平成30年度世田谷区一般会計についての組み替え動議」2件、
①北沢小学校統合に伴うスクールバス運行について 
②ワークスペース補助事業(一般型)について
の提案理由説明、質疑、各会派意見表明を行った後、採決が行われ、両件とも賛成多数で可決されました。
北沢小学校統合に伴うスクールバス導入ワークスペース
 
スクールバス導入は、これまで区内で実施したことのない事案ですが、議会に報告されたのは、昨年12月の、文教常任委員会でした。
我が会派の板井議員の質疑で明らかになりましたが、区は、バス導入については1年も前から学校保護者などと協議していました。
それなのに、議会には予算審議の直前でした。常任委員会の中でも、不公平であるなどとの意見も出ていたにも関わらず、なんの説明もなく、予算(案)に計上しました。
実施直前にこのような事になり、保護者の一部からは、議会の反対のために混乱が起こっているとのご意見をいただきましたが、あくまで、その責任は、議会軽視の姿勢を変えない区長にあります。
その姿勢を改めさせるために、動議を出させていただきました。
 
区民ニーズ、事業者の動向など事前調査も不十分。多様な働き方支援、子どものそばで働くことのできるワーキングスペースと言いながら、子どもを預けることはできないため、外出ができないワーキングスペースとなっているなど、制度設計がめちゃくちゃで、補助金ありきの制度となっていたために、税金を投入するには不十分と判断し、提出しました。
 
この結果を受け、区長より、
①北沢小学校統合に伴うスクールバス運行については、廃止を前提とし、一定期間(6か月間)の運行とする
②ワークスペース補助事業(一般型)については、4月実施を取りやめ、制度設計の見直しを行った上で、再度議会に提案をしたい
との、表明がありました。
 
その後、この表明に対する質疑が行われ、各会派の今予算(案)に対する、意見と態度表明を行いました。
我が会派は、区長の表明を了とし、平成30年度予算(案)に賛成しました。
 
長い一日になりました。

PAGETOP