津上通信

津上通信 Vol.1 2012 1

皆さまの心からのご支援を賜り、議員活動をスタートさせていただきました。心より御礼申し上げます。
皆さまとお約束した「震災・防災対策の強化」「女性の健康と暮らしを守る」「高齢者の命と生活を支える」「ムダゼロの世田谷行政をつくる」の実現に、全力で取り組んで参ります。今後ともご指導のほどよろしくお願い申し上げます。皆さまのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

PDFを見る

2011年第2回から第4回定例会で一般質問しました

災害に強い街づくりについて

公共施設の耐震化及び病院など公共性の高い民間特定建築物の耐震化をすすめよ。

【答弁】耐震診断未実施である区借上げ施設は、診断実施に向け、所有者等と協議を進める。
民間特定建築物の耐震化は都と連携をはかり耐震化を進める。

防災行政無線難聴地域対策として電話自動応答システムを導入せよ。

【答弁】実施に向け検討し、災害対策総点検の中で対応策を示す。

防災・避難所運営訓練内容を実践に即したものにせよ

【答弁】区内外の訓練情報を収集し、訓練の充実を災害対策総点検の項目に掲げ、鋭意検討する。

学校教育について

増加傾向にある発達障害児の状況を踏まえ、早急に情緒障害特別支援学級の拡充や通常学級への支援を行え。

【答弁】特別支援学級の設置は、地域的なバランス等を考慮した計画的な学級整備を進める。また、校外アドバイザーを派遣し、校内委員会や戸別の事例検討会で教員等への助言を行うなどの学校支援の取り組みも充実していく。

ムダの削減、行政のスリム化

民間のノウ八ウを使い、サービスの向上、運営費の削減をする狙いで実施している指定管理者制度。しかし公募すら行っていない事業が約6~7割ある現状を改善せよ。

【答弁】指定管理者制度を十分に活用するための見直しを適宜行い、効果的、効率的な区民サービスの実現に向けまして、施設の管理運営に取り組む。

高齢者にも優しいまちづくり

駅周辺のバリアとなっている放置自転車対策を強化するとともに、放置自転車禁止区域外での、放置自転車対策も進めよ。

【答弁】放置状況を捉えながら、注意喚起の上、禁止区域拡大など適切な対策を講じる。

自転車利用者も歩行者も危険な状況となっている、早急に自転車専用道路を整備せよ。

【答弁】自転車専用レーン設置に向け、諸課題に対する方策を国道及び都道の管理者とともに考える等、連携し取り組む。

地域活動

  • ・これまで160件の区民の皆さまからのご相談をお受けしました。
  • ・環状7号線の歩道(野沢3町丁目)の一部が陥没し、節電のため、街路灯が消えた夜間は、特に危険な状態でしたので、補修を行いました。
  • ・既存街路灯が使用できなくなり、真っ暗になっていた「なかみち街」(三軒茶屋2丁目)。商店や地域にお住まいの方から、明るくしてほしいとのご要望が多数寄せられました。新たに区管理の街路灯を設定しました。
  • ・駒繋公園(下馬2丁目)入口付近で、子供と車や自転車との接触事故が多発しており、安全対策をとの地域の方の声に応え、注意喚起看板設置、目隠しとなっている壁の切断などを設置致します。

区議会第4回定例会における公明党の代表質問

「まちづくりにおける市街地再開発事業」について

  • ◆市街地再開発事業における経済効果について
  • ◆東京外かく環状道路整備について
  • ◆東名以南の課題について
  • ◆京王線沿線に伴う鉄道立体及びまちづくりについて
  • ◆下北沢駅周辺地区計画と小田急線連続立体交差事業について
  • 「世田谷区の進める行政改革」について

  • ◆子ども医療費の維持
  • ◆保育室・保育ママの拡充と区立認可園の民営化
  • ◆健康増進事業の推進、がん健診や健康診査実施の成果の評価
  • ◆医療・介護費用の抑制
  • ◆介護予防の普及啓発、認知症の予防事業、介護予防プログラムの成果についての評価
  • ◆ジェネリック医薬品の使用促進策の取り組み
  • 「自立都市せたがや」について

  • ◆特区制度について
  • ・特区制度改革で、地域主権を推進せよ。
  • ・クリエイティブな産業によるまちおこしを。
  • ・地域活性化、充実した行政サービス、住民本位の地域づくりを目指す上で、地域主権型道州制の導入は必須。
  • 「福祉先進都市せたがや」について

  • ◆梅ヶ丘病院跡地を活用
  • ◆予防型福祉行政の構築
  • ・特定健診、長寿健康診査の一点単価について見直しを。
  • ◆災害時要援護者支援の早期の全区展開が必要
  • ◆高齢者見守りネットワーク
  • ◆区民の社会参加と共助・協働の構築
  • 「環境都市せたがや」について

  • ◆放射線対策を確実に進めるべき
  • ◆区民の生命と財産を守ることが区の立場であることから、民有地での放射線対応を考えよ
  • 「まちづくり先進都市せたがや」について

  • ◆自転車事故を減らすための取り組みについて
  • ・自転車ルールの順守。
  • ・自転車が安心して走れる環境整備。
  • ・自転車の保険加入についても対応すべき。
  • 「教育都市せたがや」について

  • ◆小学校の適正規模化・適正配置について
  • PAGETOP