ブログ

企画総務委員会が開催されました

企画総務委員会が開催され、令和2年第2回定例会に提出予定議案の報告などがありました。

コロナ禍対策のための補正予算の中に、妊婦の方が健診でどうしても外出する必要がある際、感染リスクを減らすためにタクシー利用やマスクなどの購入できる「とうきょうママパパ応援事業」が盛り込まれました。

この事業は都議会公明党が推進していたのですが、福祉保健委員会では、我々の会派以外は、「外出を促しかえって危険」「買物できる店舗が限定している」などの理由で反対を表明したため、保留となっていました。

明日の福祉保健委員会も意見が割れそうですが、ぜひ進めたいと思います。

またコロナ禍で、区民、区内事業者も大きなダメージを受けており、財政にも大きな影響が予想されていますが、そんな中、事業の緊急見直しについて報告がありました。

総額は29億円ですが、新実施計画事業は、約2.7億円。世田谷区の一般会計予算3,277億円からみればごくわずかで、更なる削減が必要だと思います。

区内事業者を守るためには、公共事業は継続すべきですが、区が担うべきものか、新公会計制度を活用し費用対効果を明確にした検討が必要だと思います。

ふるさと納税による税の流出も相変わらずの状況(予測として60億円になるそう…)。今日の委員会でも一層の行財政改革を求めました。

PAGETOP