PICK UP

世田谷区の新型コロナワクチン接種について

7月30日福祉保健委員会を開催しました。

今回も、新型コロナワクチン住民接種についての報告がありました。

現在、9月21日までの予約枠はすべて一杯の状況となり、早く接種をしたいとのお声をたくさんいただいています。

河野大臣が7月21日の会見で「15クール(9/27~10/10)までに対象人口の8割の方に2回接種するに足りる数量を都道府県へ供給する」と発表がありました。

世田谷区では、予測対象133万回に対し77万回の接種が完了し、残り56万回となっています。

区の見込みでは、25万回分が職域接種(モデル社製)で完了し、31万回分を13クール(8/30~9/12)から15クールの3回に90箱(105,300回)づつ供給されると10月10日までに希望者全員の接種が完了するとしています。

8月10日に供給量が示されますので、9月22日以降の予約枠数などが明らかになります。

改めてご報告させていただきます。

また、今後の接種体制は集団接種軸にし、個別接種は基礎疾患のある方などに絞り対応としていく方針です。

保健所からの報告もありましたが、感染者が激増しているため、医療機関などへの入院調整も5~15名程度が翌日に持ち越されているケースもあり、大変厳しい情況となっています。

3密を避け、感染予防の徹底が必要です。皆さんのご協力をお願いいたします。

 

 

 

PAGETOP