PICK UP

世田谷区に緊急要望を行いました!

4回目の緊急事態宣言が7月12日に発出されましたが、感染者数は急増しさらなる期間延長も検討されています。

世田谷区内でも、感染者数は連日300名を超え、8月27日現在、死亡者130名、入院中448名、宿泊療養者23名、自宅療養者3170名となり、濃厚接触者へのPCR検査までの期間、陽性判定から保健所が連絡する期間、自宅療養者への食糧配送までの期間など、対応が遅れている現状があり、多くの区民から不安の声が寄せられています。

また、12歳以上の若い方へのワクチン接種も実施場所や時間がこれまで優先的に接種を進めてきた高齢者の体制と同じ状況で運営されているため、平日夜間、休日枠の拡充などの工夫が必要と考えています。

これらについて、世田谷区へ7回目となる緊急要望を行いました。

これまでの緊急要望に対しての対応は鈍く、後手の対応となっていましたが、今回は早急に対応するよう強く要請しました。

世田谷区の対応を見て、9月に始まる世田谷区議会第3回定例会で改めて提言させていただきます。

PAGETOP