津上ひとし 公式サイト

2022.06.06

豊島区「IKE・SUN PARK(イケ・サンパーク)」を視察しました

昨年「SDGs未来都市」と「自治体SDGsモデル事業」のダブル選定された豊島区のイケ・サンパークをやっと視察できました。

SDGs未来都市豊島区(豊島区HP参照)

豊島区では、池袋駅を中心に4つの公園を核とした街づくりを行い、新たな交流の場の創出などを民間と協働で取り組んでいます。

芝生やカフェが魅力的な 南池袋公園

毎週オーケストラ等が演奏する 池袋西口公園野外劇場HP

「アニメの聖地・池袋」の発信拠点  中池袋公園

食を中心にしたフェイズフリーの防災公園 IKE・SUNパークHP

私は2017年6月に改定された都市公園法で生まれたパークPFIの手法に期待を込め着目し、議会質問や公園緑地課などとやり取りをし導入を求めてきました。

世田谷区も玉川野毛町公園、上用賀公園拡張用地等で改修計画のある公園から導入するとの方針を示めしました。

玉川野毛町公園が新たに広がります(世田谷区HP)

(仮称)上用賀公園施設整備事業基本構想について(世田谷区HP)

しかし、改修などの予定の無い大規模な公園でも、民間事業者から様々な提案を聞けるサウンディング調査を実施し、事業化に向けて動きだすべきと求めてきましたが、区は、新設公園でやってみてから検討したいとの一点張りです。

キッチンカーも世田谷公園から導入が始まり、週末は大変な賑わいになっています。

公園にキッチンカー(移動販売車)が出店しています(世田谷区HP)

地域の商店の方からは、公園での販売は魅力的だけど、キッチンカーを購入するのはハードルが高いとの声をいただきました。

イケ・サンパークのコト・ポートや堺市の大蓮公園での取り組みなど、全国の公園でも様々な取り組みが行われています。

世田谷区でも、公園の活用がもっと進むよう取り組んでいきます。